2010年12月22日水曜日

お客様感謝の集い

video お客様感謝の集いが16日、無事終了した。1年の締めくくりで、これが終わらないと何となく落ち着かない。かといって目新しいことではなく、例年、同じことをやってはいるのだが・・・。 「平凡は妙手に勝る」と言う将棋の大山康晴名人の言葉がある。朝起きて、ご飯を食べて、会社に行って、会社から帰って、風呂に入って、ご飯を食べて、寝て、起きて、ご飯を食べて会社に行って・・・・、日々単調な繰り返しである。平凡な日々の繰り返しで、時にそのことを反省もしたりして、もっといろいろなことをやってみるべきではないかと、考えたりもする。しかし、朝起きれること、ご飯を食べること、仕事があること、仕事に行けること、帰る家があること、その一つ一つがとても大事なことでもある。 去年も、一昨年も、その前も、ここ何年も「お客様感謝の集い」を開催してきた。「会社の集い」さえも平凡な出来事に感じられたりするが、ここに奢りが生まれる。仕事があること、「お客様」があることに感謝する、その原点に立ち返ることが、一番大事なことである。来年はさらに飛躍を、なんて妙手は無い。平凡は妙手に勝るのである。

2010年12月18日土曜日

困った///

 この夏、ジョギングを始め、冬になるにつれ、暗くなるのも早くなり、ジョギングができなくなった。
 ジョギングはウォーキングと違って、ものすごい量の汗をかく。当然体調も良くなり、もっとも体調が良いので走る気にもなるのであろうが、相乗的にすこぶる体調が良くなる。何よりも食事が美味しい。
 暗くて走れなくなって、美味しい食事がどんどんと身体に蓄積されるようになった。あまり間食をしていなかったものが、ついつい子供の食べ残しのスナックなども、口に運ぶようになった。大学受験を控える長男の塾の帰りが夜の10時20分、佐世保城山町。これまでは晩酌で酒を飲んで、何となく寝ていた時間である。起きている時間が長くなれば、食べる量も増える。
 先般、ゴルフ場の風呂の体重計に何気なく乗ってみた。何と65キロを超えている。過去に記憶がある数字であるから、少々の驚きの程度ではあったのだが、その後しばらくして自宅の体重計で計測したところ67キロに近づこうとしている。未知の領域である。このままではごく自然に大台に突入する。
こりゃいかん、最低3キロ、できれば5キロ、減量しなければならない。さて、どうするか。

2010年12月3日金曜日

その2

 ここのところY本君から妙なメールが4回ほど入った。「すいません、残念ながら今日は忙しいので・・・」などの内容で、どうやらゴルフかなんかのお誘いの断りメールのようである。別におれは誘っとらんぞ、と思いつつ、無視していたらその後、日をおいて3回ほど間違いメールが来た。何せ彼は携帯電話屋さんである。バカみたいな誤操作はしないだろう。ふと思った。ちょっと待てよ、ある人が複数の人に複数宛先でメールをして、そのうちの一人がそれに返信をしたら、その複数の人にも返信メールが届くようになっているのかな、となれば、自分の返信メールも他の人にも送られている場合があるのかな。そこで「●●さんへの返信メールのごたると、俺にも来とる、間違い?」とメールを送ってみた。
 しばらくして電話があった。「エ~、してませんよ、何でですかね~」と、携帯屋の彼にも分からない。僕の頭のCPUが高速回転しピンときた。「オマエ、シャープのスマートフォン、使いよると」「はい、よかですよ」「難しかろ、Y本君には」「いや、そがんことなかですよ」「使いこなしきれんけん、他の人に宛てたメールがオイのとこにきよっとバイ」「・・・・・」
 業務連絡:簡単携帯に代えろ、シャープのスマートフォンは無理、機種変更料は俺が出す・・・